ドライブスルーで墓参り?変わりゆく冠婚葬祭マナー

お墓参りもドライブスルーでなんて、変わっていく冠婚葬祭のマナー

お墓参りにもきちんとしたマナーがある

このコラムをシェアする

お墓参りにもしきたりとマナーがある

冠婚葬祭の中でもお墓参りも重要な行事の一つです。お墓参りにもしきたりやマナーなど決まりがありますので、正しい知識をしっかりと持っておかなければなりません。分からないときは、年配の身近な人に聞くといいでしょう。
お葬式と同じようにお墓参りも故人を敬い供養するという意味で昔から大切に扱われてきました。
一年の節目節目のとき、またお盆の時期と必ず人々は先祖が祀られたお墓をお参りして供養を行い、それは代々受け継がれています。
そういった意味でお墓参りは重要な行事として人々に大事にされてきました。
服装については大きな縛りは無いですが、礼の仕方やお参りの仕方、お墓にお供えするものやお墓を掃除するなどお墓参りの際に守るべき事は意外と沢山あります。

お墓参りは節目節目の大切な行事

もともとお墓参りは先祖代々が祀られたお墓に家族が集い、綺麗にお墓を掃除してあげてお盆に先祖が帰ってくるのをお迎えするためにお墓をお参りするというのが始まりで、代々昔から受け継がれて現在に至っています。
ただ、お墓をお参りするということ自体は何もお盆に限ったことではなく、何か先祖に報告があった時、長い年月の節目節目にお参りをするという大切な行事として代々伝わってきました。
こういった側面からお墓参りは我々にとってとても大事な行事と捉えられ、特に日本では大切に人々が受け継いできました。
自分たちの先祖を大切にする行為としてお墓参りは大事にしなくてはいけない行事ではないかと考えます。
現代になってもその意思は受け継がれるべきかと思います。